婦人

顧客を増やしたいならノベルティの販促を始めよう

紙袋

消耗品だが重要なアイテム

紙袋は消耗品だが、ブランドイメージを落とさないためには重要なアイテムであります。印刷するとこの業者を選ぶときには、コスト削減のコツを知っておくとよいでしょう。ブランドイメージのPRのためや、高級感を出すため、重たいものを運ぶために紙袋は必要とされています。

色見本

大量の蔵書を整理するには

自炊代行とは、紙の書籍をデジタルスキャンし、電子書籍を製作するサービスです。大量の蔵書も電子化すれば小さな端末内に収めることができるため、自宅やオフィススペースの有効活用に役立つうえ、どこにでも持ち歩けるようになります。

袋

汎用性の高いものの開発

OPP袋は単価が安くて色々な用途で使用できるのが魅力であり、印刷を行うときには汎用性の高いデザインにすることが大切です。会社の基本情報だけを角に印刷すると様々な場面で利用できることから人気があります。

無料配布が基本

グッズ

無料で多数の人への配布

ノベルティを販促グッズとして使用するときには不特定多数の人に対して無料で配布するのが基本になります。無料で気軽に持っていってもらい、そこに印刷されている内容やグッズの形状やデザインなどから販促効果を期待するのがノベルティの特徴です。配布の方法も様々であり、販促イベントを実施して来場してくれた人に対して配るという方法はよく行われています。一方、街頭で配布することによって本当に不特定の人に対して宣伝を行うという手法も古くから行われているものです。また、あえて不特定多数を対象とはせず、DMで顧客に対してノベルティを送ることにより販促効果を狙うという方法も採用されています。しかし、原則として無料配布を行うのは共通している特徴です。

使用してくれることの意味

ノベルティを無料で配布するのは、それ自体を見てもらうことによって企業名などを覚えてもらうという意味もあります。しかし、より深い意味があるのは使ってもらうことから生まれるのです。販促のためにノベルティを無料で配っているのは、使ってもらうことでより広い範囲に販促効果を広めることにあります。Tシャツなどを来て街頭を歩いてくれれば周囲に対してそれだけで宣伝を行うことができるでしょう。自宅で時計を使ってもらえれば家族や来客が頻繁に目を向けてくれるようになります。無料で手に入ったものだから、普段は買わないけれど使おうと思ってもらえればノベルティとしては優秀であり、高い販促効果を期待することができるのです。