男の人

顧客を増やしたいならノベルティの販促を始めよう

  1. ホーム
  2. 汎用性の高いものの開発

汎用性の高いものの開発

袋

量産できることが重要

OPP袋に印刷を行ったものを用意すると様々なタイミングで使用することができます。そのデザインを考えるときに注意しなければならないのが量産して使用できることです。OPP袋はもともと単価が安いのが魅力であり、印刷に無駄に費用をかけてしまうとその魅力が薄れてしまいます。大量発注によって単価の安さを維持するように努めることが重要になるのです。そのためには汎用性の高いデザインをする必要があり、社内でどのような目的でOPP袋が使用されているかを調べて、どの場面でも共通して利用できるデザインで印刷を行うのが賢明です。社内での利用方法によって適している記載内容にも違いがあるので、発注する前によく確認しておきましょう。

基本情報だけにする人気

汎用性の高さという観点から最も人気があるのは会社としての基本情報だけを印刷するという方法です。OPP袋はちょっとした書類の受け渡しから郵送に至るまで幅広く利用できます。会社名とロゴマーク、住所や電話番号などの連絡先という程度に留めておくことでどのような場面でも利用可能です。また、印刷面積をできるだけ小さくして角に寄せておくと他の部分にはシールを貼って別の利用方法に活用することもできます。このような形でデザインをしておけば無難ということで人気が高いのです。基本情報として何を記載するか、スペースをどの程度にするかというのには個々に違いがありますが、実際にOPP袋の印刷発注として多いのは基本情報に限ったものになっています。